くらしの情報
 トップページ >環境センター山都工場からのお願い

環境センター山都工場からのお願い


 環境センター山都工場で発火事故が発生しました
 環境センター山都工場では、皆さんの家庭から出たごみを焼却処理しておりますが、平成21年2月8日(日)午前7時45分頃、工場のごみピット(集めたごみをためておく場所)内にあったごみから出火し、施設の一部を損傷する重大な事故が発生いたしました。
 出火の原因は、ごみの中に発火のおそれのある物が混入していたため、ピット内で発火したものと思われます。 
 
 ごみを出す際は次のことに充分注意してください
「燃えるごみ」を集積場所に出す際や、環境センター山都工場に直接持ち込む際は、必ず火の気がないことを確認してください。
タバコの吸い殻や練炭・豆炭等の燃えかすは、水をかけてから捨てるようにしてください。
 
カセットボンベ、スプレー缶、ガスライター等は中身を使い切って、「燃えないごみ」の収集日に出してください。
中身が入ったままのガスボンベ等は、収集車でごみを圧縮したり、処理施設で処理をする際に、火災や事故を引き起こす恐れがあります。
 
ごくまれに乾燥剤(生石灰)や乾電池、天かす等から出火するケースがあります。これらは条件が揃わないと発火しませんが、大量にまとまると発火の危険性が増しますので、ごみとして出す際はご注意ください。
 
 ごみの出し方ルールを徹底してください
火災や事故が発生し、施設が損傷した場合、ごみの処理ができなくなり、多くの皆さんの生活に支障をきたすことになります。 また、作業員の人命にもかかわりますので、もう一度「ごみの出し方についてのルール」を徹底してくださるようお願いします。 
 
 この件に関するお問い合わせは・・・
お住まいの市町村の担当課又は環境センター山都工場(0241-38-3005)まで